ぐでぐで草 -ぐでぐでっといろいろ書いてます- 2009年04月

ぐでぐで草

ぐでぐでっといろいろ書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘神都市3

全クリー。
間に別ゲー挟んでたんでえらい長くかかったわけですがなんとかクリア。
最大の敵は戦闘システムってのがなぁ…。

シナリオは賛否両論あるようですが個人的には許容範囲かなーと。

あ、ちなみに1・2はやったことありませんので前作イメージと違う!とかは分かりません。
闘神3単品に限ったお話と言うことで一つ。

とりあえず良かったところ。
よかったところ…。
一瞬考えないと出てこないってのはあれだけどボリュームはありますよね。
作画・音楽もアリスらしいクオリティの高さ。
エロも豊富。漫才も豊富。
ただまぁこれってアリスソフトとしては当然の出来なんですよね。
出来て当然の所は長所と言わないというか。
酷評気味になりますがそれだけアリスに期待してるってことなんだよなぁ。
遊べるエロゲーを作る事に関しては右に出る物はないってレベルなんだし。
あれ、良かったところを書くはずがいつの間にか愚痴に…。

まぁ気を取り直して気になった所。
戦闘システムがやたらもっさりというかテンポ悪いです。
自動戦闘はいいけど通常攻撃もウエイトがあるってのはどうよ。
いくら強くなっても必ず一定時間かかるってのはなー。
全ての敵が呪いかけてきて戦闘を阻害+溜め攻撃はバカにならない威力なので行動中断必須。
このおかげでせっかくの自動戦闘もずっと見ていなければいけないから無意味という。
時間のかかる戦闘の割に結構な頻度で発生するエンカウントももっさりに拍車をかけます。
マップの種類は豊富なんですが一マップがせまいため何となく冒険したーって気分にならないのも。
マップの数は半分でいいから一マップの広さを倍に。エンカウントを2/3くらいにしてもいいかも。
オートマッピングを埋めようとすると狭いマッピング範囲と高いエンカウント率でえらい目に遭います。

雑魚モブを3Dってのは構わないんだけどなんで女の子モンスターまで3Dに…。
これだけは納得いかねぇ。
全部の敵が3Dならあきらめもつくけど大会の試合やイベントモンスターは一枚絵で表示できてんじゃん!?
それがやれるならなんで女の子モンスターも一枚絵にしなかったんだ…orz
もし次回作以降で3Dの女の子キャラを作るならアリススタッフはイリュージョンあたりに研修に行ってくださいお願いしますホントに。

回復アイテムがまとめ買いすれば安くなるとはいえ1ゴールド=1HPなんで序盤は結構やりくりに苦労するのも途中で投げそうになる原因か。
防具も後半はめちゃめちゃ高いため下手すると回復だけで手一杯なんてことにもなりかねない。
中盤あたりから安定してくるんですけどね。

システム的にはいろいろ新機軸を溜めそうとして盛り込んでみたって印象です。
新しいことに挑戦しようとするってのは大いに支持しますがこんないっぺんに盛り込まないで小粒作品に一個ずつ実装して試験するとかすればよかったんじゃないかなぁと。
闘神ってランスに次ぐくらいのアリスソフトの看板タイトルだと思うんだけどよりによってなぜこれで冒険するのん?と。
素材は良いのに調理方法を間違った感がありますな。

シナリオ関係はどうやらナクトがあまりにも無思慮ってところがダメだって声を聞きます。
個人的には普通の少年って感じなんですよね。
特になんのスキルもなく、剣の強さに頼ってるように見えてしまうのがいかんのかなーと。
その原因は全ての対戦相手に実力じゃなく(結果的に)策を弄して勝っているためのように思えます。

回避高くてあたんねー!→魔法必中じゃん。魔法使える剣にしよっと。
敵の姿が消えるよ!→心眼を覚えられるアイテムを探しに行きます。
等々。
基本的に努力して自分が強くなるって発想がないようなんですよね。策士型というか。
作中ナクトはおそらく中学程度までの教育しか受けてないような描写ありますがこいつ剣士よりも勉強して軍師とかになった方が恐ろしいんじゃね?とふと思ったり。
まぁパートナーの条文を全部読まずに契約するような迂闊さがあるからどっちにしろ無理か。

まぁ策やアイテムを使うってのははあくまで単なる「村人の少年」レベルの人間が闘神という無茶な存在に対抗するために必死になって考えた結果とか脳内変換しました。
無鉄砲でお人好しと人柄は嫌いじゃないんだけどなぁ。
ただこの子エロゲの主人公には決定的に向いてない。
ほとんど全てのエロシーンが流されるまま~みたいなはじまり方にならざるを得ないんですよね。
同じ流され系主人公のGAL島ほど楽観できない状況なせいかいまいちのめり込めない。

ほいで気になった人たち。
一押しはアザミ。
やべえかわいい(*´ω`*)
最初はちょい役というか単なる敵パートナーだと思ってたのに意外と重要どころというか準ヒロイン格だったとは。
寝間着状態の立ち絵がかわいすぎて困る。
この子もっとシーン増やして欲しかったなぁ。シナリオ上重要な関わりがあるのにナクトは結構あっさりバイバイするしお前感謝の気持ちないのかこの野郎!というか「ええい羽純はいい、アザミをみせろアザミを!」と酸素欠乏症のオヤジばりに言いたくなる。
展開次第でこの子のルートあってもうれしかったなーと思うけどさすがにこのシナリオでヒロイン3人はあんまりか、と思い直した。というかサブ連中に食われてメインのはずの羽純が空気。
別にこの子メインヒロインじゃなくてもよくね?というレベル。

そういやあとで気づきましたがアザミの中の人って未亜さんだったんですね。
アッパー系の演技しかできないと思ってましたがこういうキャラも演じられるのな。
個人的に結構好きなんでこっち方面のキャラも増えればいいなぁ。

あとはハムサンドシスターズとか好きですがこっちは完全にちょい役orz
デザインがツボなポロロムさんも2年目でぶっこわれてしまわれて。
まぁ壊れた後もおもしろくて好きではあるんですが。初期イメージのままで進行とか不幸まっしぐらな展開でもよかったかも。
まぁシナリオ的に仕方ないのかもしれないけど闘神になったら闘神区画内しかいけないってのもなんかなぁ。
もっと町中でボーダーや幻一郎とかと協力してラストに向かう展開とかあっても熱かったと思うんだけど。
ん~ちょっと冗長か…?まぁサブイベントだけでも見たかったなぁと。

とりあえず総評。
・システム周りが致命的とは言わないまでもかなり人を選ぶ。
・シナリオは並。ただし前作が名作だと思っている人には不評のよう。
・CG・エロのボリュームはさすが。しかし女の子モンスター好きにはオススメできない。
・途中で投げ出さない覚悟は必要。戦闘やお使いクエストがめんどくなっても個人的には中間デモま では進めるべきと思う。そこで合わないと思ったらもう早々に投げた方が精神衛生上良い。
・音楽はかっこいい曲多し。OPというかデモの曲は名曲。ラスダン付近の曲は秀逸。

総じて初見の人やある程度まとまった時間のある人はプレイするのが良いかも。
長いので途中でだれて積みゲーと化す可能性も。
「闘神ってこういうゲーム」というイメージがあるとダメっぽい。完全に独立したソフトと考えるべきか。
決してつまらなくはないが全クリまでは覚悟がいる。
2年目はアザミの存在にずいぶん救われた気もする。アザミかわいいよアザミ。

結構長いことプレイしてました。やってない時間も長かったですが。
やって損はないと思いますが人には勧めかねる、って感じでしょうか。
時間があるならやってみるのもまた一興。

そんなこんなでまたー。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。