ぐでぐで草 -ぐでぐでっといろいろ書いてます- 2009年09月

ぐでぐで草

ぐでぐでっといろいろ書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評のまねごと

まねごとですあくまで

まぁいつも通り適当やりますよってことなんですが。
周囲で盛り上がってたので1巻だけ買ってきた俺の妹がこんなにかわいいわけがない(長いタイトルだ)

あらすじー
平凡を愛する主人公、高坂京介。彼はひょんな事から疎遠な妹、高坂桐乃の秘密を知ってしまい、その相談を受けることになる…。

てな感じでしょうか。
イマドキのリア充まっしぐらな妹の隠れた趣味、それはオタク趣味だった、と。
これだけだと乃木坂春香の秘密の二番煎じかって感じですが、あちらがオタク趣味を隠して生きる二人の男女の出会いというオタクと恋愛に比重が置かれた話(だったよな。読んだのだいぶ前だからなぁ)だとするとこちらは秘密を持つ妹との家族愛に終始してる印象でしょうか。
安易に妹萌えに走らず徹頭徹尾主人公が妹に対して嫌悪すら見せているところは現実味があるかと思います。
ただその割に助けを求めてきたら助けてしまったり、嫌いだと言いつつ体を張ってみたりと主張と行動が一貫してないのはなぁ。
これだけ嫌っておきながら「兄妹だから」というだけの理由で終始そこまでするか?と疑問に思う行動をとったり。
打算であるとか何かほかの理由付けがあった方が話はきれいだったようにも感じます。
妹は妹でリア充行動も好き、オタクも好き。ってそれが一番相容れないんですけど。
外向きのベクトルのリア充と内向きのベクトルのオタク、基本的に人はどちらかに傾くと片方のみにリソースを割くでしょうし桐乃レベルのオタ度だとある程度まとまった時間(プレイ時間、視聴時間他)が必要でしょう。リア充の方は言わずもがなですし。
その上モデルの仕事やって陸上部のエース、しかも学業優秀とかなるとお前いつ寝てるんだよですな。中学生女子でおそらく人気もあるとなるとやはり群れる人間が回りに多少なりともいるはずで、そこもうまくいっているであろうことを考えるとここまで出来てる子なんざ逆にうさんくさいレベル。
まぁなにより疑問なのが、どうしても時間が少なくなるであろう雑誌の読者モデルの収入だけですべての支出をまかなえるのだろうかという一点に尽きますが。
化粧品や衣服もそろえればバカにならない値段でしょう。DVDボックスや押し入れいっぱいのエロゲ(フルプライスの場合1本9000円前後)なんていったいいくらかかるんだ。
まぁあんまり細かいアラをほじくり返すよりも勢いで読むべきなんでしょうが。
ただ、設定上の矛盾というか違和感は許容できても父親のぶれ具合が鼻につきますね。
古風で厳格な父親というテンプレみたいな人物と描写されてますがその一方で学業と両立しているからという理由で髪を染める・ピアスをあけるなどを黙認、ってこれが一番だめなところだろ親父。
そもそも中学校では髪を染めたりピアス穴あけたりは校則違反が普通だと思うんですが。
規律に厳しい父親がそこを許容するかあ?
んでその割にアニメは人をバカにする的思考をもっていたり変なところ寛容な割に器量が狭いというか。
モデルの仕事に関しては出演した雑誌の切り抜きをスクラップブックに保存するほど陰では応援しているような描写もあります。それは=娘をよく見ているとしてもいいはずです。
そんな娘が18禁のエロゲなんて持ってたらそれは叱るのも当然でしょう。
しかし、それを庇おうと京介があれは俺のものだと嘘をつきます。
そこで間髪入れずに父親は京介の顔面を容赦なく殴ります(゚Д゚)
…お前どんだけ息子嫌いなんだよ。厳格と平等を絵に描いたような父親の割に息子に対してひどすぎる。せめて平手ならまだしも明らかに描写がグーパン食らってます。口の中が切れるほど殴るって明らかにやりすぎだろ。
そもそも普通の大人ならこの程度のいいわけは嘘と分かって当然であり、妹をかばう気概を見せた息子を褒めこそすれいきなり本気で殴るとかなんで京介がぐれないのか不思議なほどです。
この辺もっとしっかり描写してあったらもっとよかったなあ。
一番の見せ場のシーンだけにここで萎えてえぇ~?と。
それまで厳格という情報のみしかなかった親父ですしなんか肩すかしというかこいつほんとに信頼できる人間なの?と問われるとどう見てもそうは見えないというか。

サブキャラ連中のキャラ立ち具合はなかなかですが、正直あんな美形ばっかで邪気眼だのテンプレオタだのは現実にいないだろというか。
こいつらが腰まで汚く髪を伸ばした変な口調の男だったり、邪気眼がーとか言うやせ細った男だったりしたら京介は絶対偏見で見てたであろう事は間違いないと思います。
あと普通を愛するとか言う割に幼なじみはあれ絶対普通じゃないですよね。あんなレベルのおばあちゃん娘(今作った造語)は明らかに特異なキャラだと思います。
まぁでもこいつが一番萌えるんだけどな!
まぁつっこみどころも多いですが全体的には読みやすい文章です。
内容はちと薄いと思いますが続編以降でどう広げてるのかねーというのは少し気になるかも。
オタクネタと妹に萌を感じるならばおもしろく読めるのではないかと。

なんかもうちょっと短くまとめるつもりが意外と長くなってしまった。
ぐだぐだ書くといけませんな。

まぁそんなこんなでまたー。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。