ぐでぐで草 -ぐでぐでっといろいろ書いてます- ソラトロボ

ぐでぐで草

ぐでぐでっといろいろ書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソラトロボ

クーリアー

超丁寧に作ってあるゲームという印象。
ケモゲーですが属性ない人間も楽しめる良作ですねこれ。

イヌヒトとネコヒトが暮らす世界。
フリーのハンター稼業を営む主人公レッドとその妹ショコラ。
とある依頼で潜入した航空艦の中、レッドは謎のネコヒト、エルと出会う。
二人のこの出会いは、やがて世界の存亡に関わる大事件に発展していくのであった…。

て感じでしょうか。

物語は2部構成。
前半は巨人ラーレスを巡る大規模ハンター組織、クーバースとの戦い。
後半は太古の昔より目覚めた「ハイブリッド」達との戦い。プロジェクトCODAの謎、そしてレッドの出生の秘密とは?

シナリオは非常にシンプルかつ王道。
奇抜なギミックや恋愛要素は極力はぶかれ、どこか懐かしい「冒険活劇」として作られています。
最近こういう王道なの作品ってなかなか無かったので童心に返って遊べます。
主人公レッドは直情型の熱血漢。一周回って逆に新鮮ですねこういうキャラ。
王道というのはともすれば薄っぺらくどこかで見たことがあるような物になりがちですが、膨大な設定情報や魅力的なサブキャラによって話を飽きさせない工夫がなされています。
システム的にも作業になりがちなサブクエストに場所や依頼人にあった個性が有り、キャラクターを掘り下げる助けになっています。

基本的に戦闘はボタン連打で進行。敵をひっくり返して投げるというシンプルさ。
しかしどこで近づいて、どのタイミングでひっくり返し、何段まで連続して投げるかなど考える要素は結構あります。
慣れれば自在にちぎっては投げが繰り返せるようになるのはテンポの良さに一役買ってると思います。
ただ戦闘が単なる障害になってるのは残念だったかなー。
もっと敵の種類が増えて戦闘を行うか回避するかの選択ができればもっとおもしろかったかと。
この辺はDSというプラットフォームの容量のせいだと思いますがこの辺は残念。
戦闘は単調になりがちですが前作よりもぐっと敷居は下がったかと。

あと個人的にはキーコンフィグはつけて欲しかった。
DSはあまりアクション向きではないですし、序盤は親指が痛くなりましたね。
ジャンプ・ダッシュ・滞空のすべてがBボタンに割り振られているためジャンプ→滞空で敵の攻撃を避けたい時にダッシュが暴発してダメージなんてのが結構多かった。
ダッシュをほとんど使わないL・Rに割り振ればもっと快適だったかと。

ボス戦やクエスト終了後はセーブして体力全快なのでガンガン突っ込んでいけるためテンポは非常に良好。
戦闘でやられても即やり直し可能です。
歯ごたえを求める人にはあまり向きませんが個人的にはゲームのカラーに合った難易度だと思います。

いかんせんあまり売れなさそうなゲームではありますが、多くの人にプレイして欲しいゲームです。
世界観が体に合えば、子供から大人まで楽しめるゲームであるのは間違いないと思います。
子供達にはこういうゲームやって欲しいですねー。

しかしこの膨大な世界観や情報がゲーム内ではあまり触れられないのは残念。
プラットフォームの壁もあると思いますができるなら新作は据え置き機でプレイしてみたいものです。

ああおもしろかったー。

という感じで次ぎはFallout NVですかねー。
到着まではヴァンキッシュでしょうか。
んーでも今初めても中途半端で積みゲー化しそうなきもするし…。

とか悩みつつも贅沢な悩みだよなあこれ。
そんではまたー。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gudegusa.blog37.fc2.com/tb.php/86-794acd22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。